小布施よしのやさんでアイアン脚と古材のラフなテーブルの・・・

古材2

こんばんは(*^_^*)インテリアコーディネーター saiiです。

暖かい12月の夜です。

9月に小布施のArtCraftよしのやさんの工房に運んだ

山之内にあった100年くらい前の古材。

(9月のブログでもご紹介させていただきました。)

ダイニングテーブル用にと挽いていただきました。

古材1

「木は強い!」

表面がどんなに黒く、古くなっていても

古材を挽くと、明るいナチュラルな生の木目がお目見えしました。

節とか皮が入りこんでいて表情豊かです。

挽いても、ダイニングテーブルにはならないかもしれない

と聞いていましたので、なんとかダイニングテーブルになりそう

とお聞きして「よかった!」と思いました。

表情を生かしながら表面をみがいて、クリアのウレタン塗装を

かけてもらいます。

両サイドは揃えてカットして他の木で押さえます。

コの字型のアイアンの脚で天板をとめます。

A様ご夫妻のお家のインテリアに合う、ざっくりしたラフな

表情豊かなダイニングテーブルができそうです。

ここの材と材の隙間はどうしましょう・・・

◎材そのままを活かしてこのままで作製しましょうか・・・

◎材と材の隙間がないように端を数センチずつカットして

作製しましょうか・・

と聞かれました。

インテリアコーディネーターとしては、このまま作製して

木の表情を活かしてもいいなあ。

でも実際このテーブルで暮らすと

お箸は落ちることもあるだろう、ペンも落ちそうだ。

隙間に食べこぼしがくっつくだろう。

隙間を台拭きで拭くのも大変だ。

小さいお子様が3人いらっしゃいます。

うーん、実物をご夫妻に見ていただき決めていただくことにしました。

結果は?

この小布施のよしのやさんで作られた

アイアン脚の古材のラフなテーブルは2月に納品予定です。

その時に。

ダイニングテーブルの隙間どうする?

***************************

a.grege アトリエグレージュはインテリアコーディネーター saii 

のワークスペースです。

ずっとお気に入りインテリアコーディネートは

a.grege アトリエグレージュで。

http://a-grege.com

****************************

 

2015年12月12日 | カテゴリー : 家具 | 投稿者 : saii