ブログ

a.grege アトリエ グレージュ ブログです。

ブログ一覧

ヘブンリーブルーのグリーンカーテン

あさがお ヘブンリーブルー

あさがお ヘブンリーブルー

ご訪問ありがとうございます。

長野のインテリアコーディネーア― a.grege アトリエグレージュです。

9月も中旬を過ぎて夏の終わりにほっとするような、急に涼しくて少し寂しく感じるこの頃です。

あさがおの ヘブンリーブルーがきれいです。

ヘブンリーブルーは天上の青 とか 天国の青とか

窓辺にグリーンカーテンとして植えていますが

朝起きると窓から見えるヘブンリーブルーが

ぱっ ぱっ とすっきりとした 花をひろげていて

きれいな 天上の青です。

ブルーヘブン

画像は太陽の光と青空とヘブンリーブルーですが

あさがおですので、太陽の光があまり強くない朝のうちが元気できれいです。

窓辺のグリーンカーテンとしてのヘブンリーブルーは

水やりなど少々手間がかかり

思ったところにツルが伸びてくれないので

スタイルを整えて吊るのはなかなか難しいのですが

真夏の強い日差しをさえぎり、朝の気持ちをさわやかにしてくれます。

夏のグリーンカーテンとしておすすめです。

☆☆☆

あなたにさわやかなインテリアを

長野のインテリアコーディネーター

a.grege アトリエグレージュ

http://a-grege.com

☆★☆

安藤忠雄初期建築原図展にて

安藤忠雄原図展1

ご訪問ありがとうございます。

長野のフリーランスインテリアコーディネーター a.grege アトリエグレージュです。

「安藤忠雄初期建築原図展—個の自立と対話」

国立近現代建築資料館 で開催されている 「安藤忠雄初期建築原図展」に行って参りました。

安藤忠雄原図展2

安藤忠雄原図展3

 

 

1枚の図面の中に設計者の意思を凝縮させたい。図面は設計者の言葉だ——安藤忠雄

とあるように断面図にアイソメ図 アクソメ図 透視図があらわされていました。

いまはCADで精巧にバーチャルで表されている時代ですが

手描きで表現された図面は独学で建築を学び世界で最も著名な現代建築家のひとりと評される安藤忠雄さんの

建築に対する思いを感じることができました。

建築をインテリアから入門して学んでいる私には手描きの線が暖かく励ましの線にみえます。

安藤忠雄原図展5

あなたにあなただけのインテリア空間を

☆☆☆☆☆☆☆

a.grege アトリエグレージュ

http://a-grege.com

☆☆☆☆☆

デザインな建築KASHIYAMA DAIKANYAMAのCafeで

KASIYAMA DAIKANYAMA

KASHIYAMA DAIKANYAMA

ご訪問ありがとうございます。

長野のインテリアコーディネーター a.grege アトリエ.グレージュです。

今年の春オープンしたという 佐藤オオキ さんの設計デザインの KASHIYAMA DAIKANYAMA に行って参りました。

上記写真は地下のCAFEカフェの一部分です。地下ですが、1階まで吹き抜けていて天井が高く地下のイメージがありません。

インテリアデザイナーでもある 佐藤オオキさんのデザインでしょうか、丸みをおびたソファやテーブルが無彩色なインテリア空間でも柔らかさがありあたたかな雰囲気のCAFEカフェになっています。

外観                     建物1階ギャラリーホールに模型展示がありました。

KASHIYAMADAIKANYAMA 外観

KASHIYAMADAIKANYAMA
外観

展示模型

展示模型

夜の照明を点けた建物も美しいだろうなと思いました。

インテリア仕上げでどうしあげたのかな・・・と目新しかったのは

なぞのインテリア仕上げ

なぞのインテリア仕上げ

1階ホールの床や壁のインテリアしあげですが、遠目でみると壁紙のようにみえますが壁紙ではありません。

謎のインテリア仕上げです。

階をあがるとレストランやバーがあります。

レストランはみせていただくことができました。バーは夕方からのオープンでクラシカルなバーとありますのでいってみたいですね。

ホームページには 「建物および内装デザインを佐藤オオキ氏率いるデザインオフィスnendo+空間デザインオフィスonndo 、飲食コンテンツをSUGALABO須賀洋介氏・・・・・」とあります。

肩の力をふっとぬいて過ごす事ができるインテリア空間デザインだなと感じました。

△△△△△

あなたにあなただけのインテリア空間デザインを

長野のフリーインテリアコーディネーター a.grege アトリエグレージュ

hp  http://a-grege.com

△△△△△△△△△△

信州中野 一本気公園のバラのアーチ

バラのアーチ

ご訪問ありがとうございます。

長野のインテリアコーディネーター a.grege  アトリエグレージュです。

昨晩のイギリス王室のロイヤルウェディング 素敵でした。

ハリー王子とメーガン・マークルさん が結婚式を終えて

ウインザー城の教会?から出てこられたとき

アーチの入り口を飾る 白い花と緑のアーチが

お二人とともに素敵でした。

白い花と緑のアーチを見て、3年前に行った

信州中野の一本木公園のバラを思い出しました。

一本木公園のバラまつりは今年は来週からみたいです。

上の画像のようなアーチは今年はあるかどうかわかりませんが

一本木公園のバラは白だけでなく

それぞれのバラ色で

自然の色に心が満たされます。

ウインザー城の教会はゴシック風の建物で

TVでは室町時代の建物と聞きましたが

ずいぶん古いお城のようです。

バラと洋館いうと

東京にある旧古河庭園のバラと洋館が有名です。

旧古河邸は 大正6年にジョサイア・コンドル 晩年の設計だそうです。

ジョサイア・コンドル は明治政府の依頼により日本の洋風建築に貢献し

ニコライ堂 鹿鳴館 旧岩崎邸 などを設計しています。

イギリスの建築家だそうです。

ウインザー城 バラのアーチ 旧古河邸 ジョサイア・コンドル イギリス

とつながりました。

バラの季節の6月が楽しみです。

 

 

 

 

ご新築で大正ロマンなレトロなステンドグラスを取り入れるには・・・

建具にステンドグラス

建具にステンドグラス

ご訪問ありがとうございます。

長野のインテリアコーディネーター a.grege アトリエグレージュ です。

平屋でご新築中の方から

上記写真のステンドグラスの大きさと金額は?

というお問い合わせをいただきました。

簡単なお返事をしてしまいましたが、

数あるインテリアの写真の中から目にとめていただき私のホームページまでお越しいただき

大変うれしかったです。

ありがとうございました。

ステンドグラスをインテリアに取り込むことは新築やリフォームならではの楽しみです。

上記画像のステンドグラスが入るまでを簡単にお知らせしたいと思います。

最初お施主様は玄関ドアにアンティークでレトロなステンドグラス入りの輸入の玄関ドアを

入れたいとご要望でした。

残念なことに、長野県は寒冷地で玄関ドアも寒冷地仕様が必要です。

アンティークで大正ロマン風なレトロなステンドグラス入りの玄関ドアは

あきらめなくてはいけませんでした。

なんとか大正ロマン風なレトロなステンドグラスをインテリアに

とりこめないか、ご提案することに致しました。

ステンドグラスをインテリアに取り込むことに一番考えることは

ステンドグラスが一番効果的に見える場所 を見つけ出すことです。

そこで考えたのは

玄関の空間へのステンドグラスの取り入れでした。

なぜなら、断熱ドアでガラス面が少なく、収納スペースをたくさんとりたいため

お客様の玄関空間は窓がなく暗かったからです。

なんとか光を取り入れながら暗いからこそ映えるステンドグラスをと考え

リビングに入る建具(ドア)にステンドグラスを入れることにいたしました。

リビングは大きな窓があり、明るかったからです。

リビングの光を玄関にとりこむことができそうでした。

上記画像は撮影上 玄関からリビングを見たときのステンドグラスではなく

よる、玄関のダウンライトの光を取り入れたステンドグラスを

リビング側から撮ったものです。

夜は玄関に照明の灯りが点くとこんな感じになります。

建具にステンドグラスを入れることは注意しなければならない点がいくつかあります。

開け閉めの激しい建具にはめても大丈夫な大きさ重さのステンドグラスか

建具はメーカー既製品の硝子入りたてぐのガラスをステンドグラスに変更するか

その場合はステンドグラスが既製品の建具のガラスに合わせて特注オーダー品となります。

オーダーのステンドグラスはそれなりの大きさになると手作りなのでそれなりの価格がします。

オーダーのステンドグラスも素敵です。

デザインを考え、色をひとつひとつ検討してステンドグラスやさんにお願いする。

時間をかけてできあがった世界ににひとつのステンドグラスです。

上記写真のステンドグラスはお施主様が輸入のインテリアのお店から購入された

アンティークのステンドグラスです。

最初にステンドグラスを入れる建具の寸法をお知らせして

このくらいの寸法のステンドグラスなら建具に取り付けができますと

お話させていただきました。

ステンドグラスが決まってから、それをみていただいて

建具やさんにステンドグラスをはめ込んで建具を特注してもらいました。

アンティークのステンドグラスは寸法がぴったしではなくて

すこしゆがんでいたり、傷があったりしますが

それが気にならない方にはおすすめです。

お引き渡しをされて暮らされているお施主様は

毎日玄関に入るとこのステンドグラスを目にされて

我が家に帰ったなと思われていることでしょう。

*****************

インテリアで創る

こころを充たすたいせつなひととき

長野のインテリアコーディネーター

a.grege アトリエグレージュ

ホームページ  http://a-grege.com

お問い合わせEメール sai@☆-grege.com   ☆をa にご変更されて お送りくださいませ。

****************************************